何故薄毛になってしまうのか

"薄毛を改善させようと、様々な対策をしている人がいますが、中には間違った方法を実践している人がいます。
間違ったことをしていては薄毛の悩みを改善させるどころか、逆に進行を早めてしまう恐れがあるので注意が必要です。
薄毛になりたくない人はまず最初に毛乳頭の働きを活性化させる方法を覚えておく必要があるのです。髪の毛は「毛母細胞」と呼ばれている細胞が多く存在しています。この毛母細胞には寿命が認められており、細胞が生まれ、そして時が経ち寿命が来ることからサイクルがあるのです。

 

髪の毛の毛根部分の「毛乳頭」と呼ばれている毛母細胞に対して「髪の毛よ増えろ!」と命令をしている役割を果たしているものがあります。
「毛乳頭」の働きが悪化してしまうことによって髪の毛が徐々に薄くなってきてしまうのです。"

ソファベッド
http://innersofa.com/list/10022.html
ソファベッド



何故薄毛になってしまうのかブログ:10 2 19

減量にとって、
日々お風呂に入ることはとっても大切だと思います。

シャワーで済ませてしまう人も多いと思いますが、
日々ちゃんとお風呂に浸かると、
減量効果が期待できるんですよ!

お風呂に減量効果があるといっても、
お風呂に入れば、脂肪が燃えるということではありません。

実際、入浴で消費されるカロリーはそれほど高くはないそうです。
個人差はありますが、
30分の入浴でだいたい90kcalぐらいだそうです。

お風呂に入った後、体重を量ると
少し減っていることがありますが…
それは汗で水分が出ていった分が減っているだけで、
水分を補給すればすぐにもとに戻ってしまいます。
ですから、脂肪が燃えて体重が減ったわけではないのです。

では、
お風呂の減量効果って何なのかというと…

まず、お風呂で汗をかくことは、
体質の中に溜まっていた余分な水分や老廃物を
排出することになるので、
むくみの解消につながります。

さらに、
体質の芯から温まって汗をかくことで、
体質全体の代謝が良くなります。

日々お風呂に入る習慣をつければ、
自然と基礎代謝量が増えることになり、
結果として減量につながるわけですね。

つまり、
お風呂に入ることは、
脂肪を燃やしやすい体質にしてくれる効果がある
ということになるわけです。

また、一日1回、
ゆっくりリラックスできる時間があるということは、
イライラがたまりやすい減量には
とても大切なことじゃないでしょうか?

入浴剤や音楽、好きな本などで、
自分だけのリラックスタイムを作って、
減量を楽しみましょう!